読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェームス・スキナー氏来日 名古屋特別講演会ブログ!

2017年5月4日にジェームス・スキナー氏を名古屋に呼び講演会を行います。広報担当者が発信するジェームスに関する生情報をお届けします。

Esperança(エスペランサ)、チーム名の由来!

f:id:guitarutopia:20170223114613j:plain

 

Esperança(エスペランサ)、チーム名の由来!

 

2017年5月4日、名古屋にてジェームス・スキナーの特別講演会を金山駅から徒歩数分の好立地にある、日本特殊陶業市民会館ビレッジホールで開催致します。

 

そして、それを1番最初に主催したいと思い立ち上がったのが、我らのリーダーである大石ダニエラ(ニックネーム:ダニー)であります。

 

そのダニーを中心に今回結成されたチームが、Esperança(エスペランサ)です。

 

Esperança(エスペランサ)に込められた熱い想い!

 

もちろん最初からこのチーム名があった訳ではなく、中心メンバーである数名の実行委員会でミーティングを開き、アイデアを出した中で最終的に決まったチーム名です。

 

Esperança(エスペランサ)とは、ポルトガル語で「希望」という意味があります。

 

詳しく言うと、スペイン語ポルトガル語などのラテン語から派生したものを活用しています。

 

ではなぜ? この言葉を「選択」したのか!?

 

それは、主催者であるダニーが、ブラジル出身であり、日本に来日した経緯があり、「希望の架け橋になりたい!」という熱い想いを持ってずっと生きてきたからです。

 

 

希望と夢を持って、ここまで来た熱い情熱をチーム名の柱にしたいと思って考えました。

 

センスあるネーミングでしょ!? 

 

最初は普通に日本語でしたが、何かありきたりだし、「パンチ力」や「キャッチーさ」が足りないと感じていました。

 

そこで発想の転換が起こりました。

 

ヒントは、日本のロックバンドであるラルク・アン・シエルがヒントになりました。

 

L'Arc~en~Cielは、フランス語で「虹」という意味があります。

 

ここで英語を使わない点がセンスがいいです。

 

そして、私たちの場合は、主催者であるダニーの母国語が、ポルトガル語であり、エッジが立っていて良いと思いこれに決めました。

 

今は、チーム一丸となり、我々が愛知県の方々にとって「希望の架け橋」になるきっかけになればと思い、講演会に向けて準備を進めております。

 

 

講演会の詳細はこちら。

 

https://goo.gl/LiyDW9

 

*特別価格は5月1日まで(お急ぎ下さい)

 

 

【チケット取扱い店舗情報】

 

 

・光書店TSUTAYA高畑店

 

454-0873 名古屋市中川区上高畑2-180-2

TEL:052-351-5113

 

・光書店TSUTAYA戸田店

 

454-0967 名古屋市中川区戸田西3-1909-2

TEL:052-309-1511

 

・光書店TSUTAYA大治店

 

490-1144 愛知県海部郡大治町大字西篠字附田60-1

TEL:052-880-9901

 

 

 最後に応援のためにクリックしていただけると幸いです。

 


ビジネス・業界ランキング